手ぬぐい洗顔の泡立て方

役に立つかもしれない

今日は 手ぬぐい洗顔の泡立て方 のコツを紹介したいと思います。

 

おうちリス

はい、こんにちは!気づけば手ぬぐい洗顔を始めて3カ月ほど。飽きっぽい私がよく続いています。

 

手ぬぐい洗顔3カ月

手ぬぐい洗顔の効果なんですが、特に美肌になったりはしていないので今のとこ絶賛はできませんが顔のざらつきはかなり改善しました。

顔のざらつきが気になってピーリング石鹸でも買った方がいいかなと思ったときに出会ったのが手ぬぐい洗顔でした。

手ぬぐい洗顔 はじめました

2019年2月13日

 

個人的に、手ぬぐい洗顔のポイントは手ぬぐいの生地と、ふわふわと優しく洗うための泡立て方だと思います。しかし、ここ最近までうまく泡立てられず、石鹸の減りが激しかったです。「もっとか!?もっとこすりつけないと足りないのか!?」って感じでしたがやり方を変えたら大して石鹸をこすりつけないでいいことがわかりました。

 

 

手ぬぐい洗顔の泡立て方 のコツ

それではまいります。

以前の私は手ぬぐいをきれいに折りたたんだ状態で石鹸をつけていました。

 

1.手ぬぐいをお湯に浸してかるく絞る

手ぬぐい洗顔
手ぬぐいを濡らす

 

2.手ぬぐいを重ねない状態で石鹸をつける

手ぬぐい 泡立て
手ぬぐいが薄い状態で石鹸をつけます

ここが一番のポイントです。手ぬぐいがぺらぺらの一枚の状態のところに石鹸をこすりつけます。

 

 

3.くしゅくしゅと握るように泡立てます

手ぬぐい くしゅくしゅ
カメラ持っているので片手です

ここは、まぁ簡単に泡立つので特にコツはないですが、折りたたんだ状態で石鹸を付けたときとは雲泥の差で、簡単に泡立ちます。

両手でくしゃくしゃっと泡立てます。

 

 

4.一度広げて、使いやすく折りたたみます

泡の層を作るように折り畳む
ふんわりたたみます

泡をつぶさないように使いやすい大きさに手ぬぐいを折りたたみます。泡立った手ぬぐいを折りたたむことで層ができてふわふわ~っと洗うことができます。パイを作るときに折りたたむようなイメージです。

 

手ぬぐい ふわふわ
見づらいですが全体に泡を含んでいます

洗いながらふわふわ感がなくなってきたら、肌に当たる手ぬぐいの面を裏返せばそっち側に泡がいってたりします。

 

以上、手ぬぐい洗顔の泡立てのコツでした!

この手ぬぐいは本に付いていたものです。

手ぬぐい洗顔 美肌の習慣 古の知恵に基づいたエコでシンプルなスキンケア/高邊しおり【1000円以上送料無料】

価格: 1,080円
(2019/05/01 13:46時点 )

感想:0件

 

特に興味ないでしょうがこの黒い石鹸は泥炭石です。