蚕養神社にお参り

どうってことない話

「おうちリスは神社に連れて行けば喜ぶ」というチョイスで、存在も知らなかった 蚕養神社 に連れて行ってもらいました。

予想以上に素敵な神社で建物もとても歴史を感じさせ、人が常駐しておりお守りやおみくじなど色々と売っているようでした。お守りは初詣で買ったし、一時期おみくじで神様からヒントをもらいたい時期もありましたが今は自分の力でなんだか進んでいけそうだしで、何も買いませんでした。申し訳ない。御朱印を集め始めたら何か沼にはまってしまいそうだし。。

  

おうちリス

どうも。インスタアカウント開設してそちらから飛んできてくれる方がいて嬉しいです。結局ウェブからインスタにアクセスするのがめんどくさくてスマホゲーム消して容量空けてインスタアプリインストールしました。さよならマギレコ。。五十鈴れんちゃんかわいかったよ

  

  

蚕養神社は日本一社らしい

蚕養神社
息を止めて渡りたくなる橋(ハク様~!)

日本一社って、日本にここしかない神社ということですか?私のお気に入りの諏訪神社は全国各地にあることはわかっています。日本に一社なんてことがあるんですか。驚きました。

名前的に絹を作るためのを飼うことに関係してますよね。蚕に絹の繭を作ってもらって最後には命を奪うわけなので、蚕さんへの感謝と蚕養がうまくいくことを願うという始まりそう。

たしか父方の実家は養蚕業をしていた気がします。母が昔手伝った話をしていたような。

      

  

御祭神

御祭神は保食大神(うけもちのおおかみ)、稚産霊大神(わくむすびのおおかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。神社に到着して急遽、御祭神が誰なのかを調べました。なんとなく諏訪神社のタケミナカタノカミと戦ったタケミカヅチノカミがいる神社には私は行かない方がいい気がしてます。

  

うけもちのおおかみという名前を今回初めて知りました。食べ物の女神さまのようです。わくむすびのおおかみは蚕養の女神様ということで、天照大御神は言わずと知れた頂点の女神様なので、めちゃくちゃ女性な神社でした!

  

蚕養神社 鳥居
そう思うと鳥居も洗練された女性らしさを感じるかも。シンプルビューティー

   

農、工、商、諸業繁栄、交通安全守神として信仰されている」そうです。交通安全が出てくるのがよくわかりませんが食べるものに困らなそうな安心感があります。

交通安全と言えば、今年初詣で行った阿邪訶根神社(あさかねじんじゃ)の猿田彦命のイメージでした。ここでは以前に厄除け祈願をしてもらった翌日、チョコレート嚢胞を初めて行った開業医で見つけてもらい、市内の総合病院の内視鏡手術の第一人者の婦人科部長に直接電話で予約を入れていただき「これが導きの神様の力かぁ!」と実感しています。もちろん手術後のお礼参りにも行きました。参拝が終わったタイミングで境内のカラスが高らかに鳴いたりと縁を感じる神社です。ご神木もかなりすげーです。撮ったことある気がするのですがグーグルフォト内をかるく探してみたけれど見つからず。そのうち記事にするかもです。

   

  

ご神木

ご神木が立派すぎて自然と写真を撮ったのですがなんと、このブログを書くために蚕養神社のホームページを見たら、木花之佐久夜比売命(このはなさくやひめのみこと)が宿るご神木だったようです。

このはなさくやひめと言ったら桜の語源にもなったという絶世の美女じゃないですか。たまに怪しい人が「私はこのはなさくやひめの生まれ変わりです」とかほざくくらい有名な神様ですよね。

蚕養神社 ご神木
桜の木だということすら気づかなかった。春にまた見たいー!

新緑でも美しすぎるけれども。ところで入口の白い鳥居のあとになぜ赤い鳥居があるんですか?

インスタに載せてないもう一枚別アングルがあります。

ご神木 このはなさくやひめ
逆光で見づらくなっちゃいました

  

観光客が他に1組しかいなく、のんびり見られてとってもよかったです。年間祭典がたくさんあるようなのでそのタイミングでまた行きたいなぁ。

歳旦祭一月一日
節分追儺祭二月節分
初午祭初午の日
桜花祭・春季大祭四月十九~二十日(午前十一時)
夏越大祓・茅の輪くぐり六月三十日(午後一時)
例祭・神輿渡御八月一日・二日(午前十時)
七五三祭十一月十五日前後
歳越大祓十二月三十日(午後三時)
除夜祭十二月三十一日
蚕養神社・年間祭典

  

以上です。

神社 秋 夕陽

諏訪神社 にご挨拶